創像Blog
5月 5th, 2013未分類kanjikai 0 Comments

お久しぶりです。箕輪です。5月になりました。早速ゴールデンウィークですね。

新歓を終えた創像工房では、新人公演が本格的に始動しました。

今回、僕は演出助手として、企画責任・演出の藤本岳宏率いる稽古場で、偉そうな態度をとっています。僕の話は置いておいて、今日はこの新人公演について書こうかなと思います。

 

毎年、新歓期を終えた創像工房では、新入生のために新人公演が用意されています。

僕ら現3年代の新人公演は『ダブリンの鐘撞きカビ人間(作・後藤ひろひと)』を上演しました。

当時僕は、新人公演はあって当たり前のものだと思っていたのですが、ところがどっこい、そうは問屋がおろさねえ。実は新人公演は創像工房の恒例行事ではないんです!(驚愕!)

 

なぜか?

創像工房は他の劇団のような本公演を持たず、企画公演制で成り立っているため、この新人公演も例外なく「誰かが企画責任として企画を提出する」ことによって始まる公演なんです。

逆に言えば、誰も新人公演をやろうと思わなければ、その年の新人公演はありませんし、学生劇団としては異例の12月とかに新人公演をうつこともできるわけですね。(規則の上では笑)

 

しかし、そこは魅力に溢れた新人公演。「新人公演の企画責任をやりたい!」という工房員は毎年いるもので、毎年企画が提出されているわけなんだそうです。慣習めいた側面もありますが(笑)

 

そして、慣習めいていると言えば、創像工房の新人公演は例年きまって既成脚本が採用されます。

まあ理由は色々推測されますがさておき、比較して他劇団の例を紹介しますと、早稲田大学演劇倶楽部(通称エンクラ)さんでは、新人訓練が9月頃まであり、3年生の指導のもと新入生が脚本からスタッフワークまで作り上げていくそうです。

また、てあとろ50′さんでは、3年生の演出のもと新人が稽古をして、その演出家が脚本を手がけているようです。ちなみに、エンクラさんは「新人公演」、てあとろさんは「新人試演会」と呼んでいます。

 

今日は創像のちょっとした裏話と、マニアックな話を紹介しました。いかがだったでしょうか?

『新人公演2013』は慶応義塾大学日吉キャンパスアトリエ合Cにて、2013年6月25日〜30日まで!!

これからますます盛り上がっていく企画公演なので、是非お越し下さい!!

 

箕輪

 

 

 

Comments are closed.

最近のつぶやき

sozo_kobo創像工房 in front of.
@sozo_kobo:
RT @mrkeio2020_no3: おはようございます☀ 今日も投票よろしくお願いします? #ふじぽち? https://t.co/o7FmvVCJGs
2 months ago from Twitter for Android
sozo_kobo創像工房 in front of.
@sozo_kobo:
RT @sozo_orien2020: 創像工房の看板役者ふじさんがミスター慶應に出場しています✨ 顔だけでなく中身もカッコ良くて、 後輩は皆憧れております? Twitter、Instagram、Safari、Chromeから投票できるみたいです! 応援してます?
2 months ago from Twitter for Android
sozo_kobo創像工房 in front of.
@sozo_kobo:
RT @mr_keio: 今日はNo.3 藤本さんをお送りします! みなさんの藤本さんに対する印象もぜひ教えてください? 今日の夜に井出さんとコラボしたインスタライブもやるみたいなのでそちらもぜひ??‍♀️ https://t.co/kycNu3vhxb
2 months ago from Twitter for Android
sozo_kobo創像工房 in front of.
@sozo_kobo:
RT @mrkeio2020_no3: https://t.co/7IT4ciuGyp ?投票はこちら!
2 months ago from Twitter for Android