創像BLOG

創像工房 in front of.の幹事会メンバーによるブログです。随時更新中!
本企画のほか「ライトな企画」や飲み会などのイベントなど、工房員の素顔を紹介します。


8月 6th, 2017未分類sozokobo 0 Comments

S_6501166751334お疲れ様ですー!
WEB幹事の斎藤ですー!

世界は広いですね。
その広大な世界に比べたら、自分の存在なんかとてもちっぽけなものです。

いやー、夏ですね。
ここで1つ、夏に使える豆知識を。
夏の部首ってどれか分かりますか?
部分は分かると思います。下の「夂」の部分です。じゃあこれの読み方はなんだと思います?
答えは下の方にありますー!

 

創像工房は今、夏wsという行事をしています。1年生にスタッフワークを教える行事ですねー。ボクは舞台美術講師として舞台美術生徒に舞台美術を教えて舞台美術の発展を今後の舞台美術のために舞台美術をしています。

前回のブログでは近藤くんが働いて金を稼いでるという話が出てましたが、ボクは今が働いてない時期です。その代わり先月は10万円くらい稼ぎました。給料日は15日なのでまだ分かりませんが、軽く計算してみたら9万円くらいで、交通費や残業代など諸々で10万円にいかないかなと希望を持っています。貯金は3万円くらいです。

さっきの部首の話に戻ります!
夏の部首の「夂」なんですが、これは「ふゆがしら」と読みます。スマホの変換で出てきます。
夏なのに「ふゆがしら」とはこれいかに。下にあるのに「ふゆがしら」とはこれいかに。ちなみに冬の部首も同じです。
とまぁ、夏は可哀想だねという豆知識です。

ではまた秋頃にお会いしましょう!


8月 6th, 2017未分類sozokobo 0 Comments

お疲れ様です。
創像工房 in front of. で日吉代表を務めさせて頂いております近藤です。ブログタイトルは今夏公開予定の映画のタイトルです。本当です。

只今慶応生をはじめとする学生の皆さんは夏休み真っ只中です。如何お過ごしでしょうか。
創像工房のメンバーは夏休み中も多岐に渡り活動しています。次回公演の稽古に励んだり、夏合宿の準備を進めたり、個人の制作活動やアクティビティに勤しんだりと様々です。

当の私はと言いますと、地元でアルバイト漬けの日々を過ごしております。これは創像工房の活動から遠のいているという意味ではなく、次の活動に向けて軍資金を蓄え万全の体制を整えているということです。ストレス無く活動に打ち込むために潤沢な資金ほど心強いものはありません。

とはいえ、終電まで働き昼過ぎに起きてご飯を作って再びバイトに赴くという生活はいささか大学2年生の夏休みとしては味気ないなと痛感しております。机の上には出しっ放しの服が積み重なり、寝癖のまま外出し、部屋着のステテコを表裏逆に履いていることにすら気が付かないような 慶応ボーイなんて学生としての市場価値はほぼゼロと言っても過言ではありません。

このバイト続きの日々を生き抜き、再び創像工房の陽の下で彩ある日々を過ごせるようになるのを心待ちにしております。

念のため補足をしておきますと、創像工房では夏休み中にも沢山のイベントが用意されています!遊ぶもよし、働くもよし、自由に夏休みを充実させたい方は是非、創像工房へ!もしくはTOHOシネマズへ!


8月 6th, 2017未分類sozokobo 0 Comments

おつかれさまです!
夏だー、アイスが美味しいー。こんにちは!劇協の七海です。2回目のブログですね!近況報告等々お付き合いください〜

8月に入り、テストも終わり夏休みも始まり、いよいよ夏ワークショップが始まりました!!毎日日吉にいる初々しい一年生が一生懸命夢中に1つになって頑張ってる姿は何だかこちらが励まされます。微力ですが、少しでもセンビサブ講師として一年生のセンビの楽しさを味わう助けになりたいですね、頑張ります。初めてのことに挑戦する姿って本当に凛々しいなと思います。いくつになっても挑戦して成長することって大事だなーと思わされますね。何事も恐れずやってみたいなと。あと2日ほどでチラシデットの一年ズ応援してます!!!

とこんな感じでしょうか。夏ワークが終わったらいよいよ夏合宿!!夏合宿も楽しみたいですね!今年は海が荒れないように祈っています。

ではではでは。みなさんぜひとも素敵な夏をお過ごしください。

S_6496170340102

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は三軒茶屋で食べたかき氷です。かき氷も美味しかったんですけど何よりお店の気遣いに感動しました。まず、室内の冷房がそこまで効いてなくて、寒さとかき氷の冷たさで震えることなく、かき氷が美味しく食べれました。それだけでなくあったかいお茶まで出てきてもう正直感動しましたね。ここまで徹底してるのかと。おかげで今までで一番美味しく感じました練乳いちごミルクかき氷。日本人て優しいなぁ、と感じた夏の始まりでした。


8月 2nd, 2017未分類sozokobo 0 Comments

 

S_6481236444457

『逆転のメソッド』サラリーマンとして10年で伝説の営業マンとなり、低迷していた青山学院大学の陸上競技部を箱根駅伝3連覇、3冠達成するまでに成長させた現青山学院大学陸上競技部の監督が書いたビジネス・部活動・就職活動などに使える一冊である。リーダーをやる人には特におすすめである。この人の言うことはすごく現実的である。いろいろな本を読むとそれはそのひとの現場で起きていることであるから私がどれだけ思うことがあっても実行に移しずらいところがあるが、原監督の言葉はすべての人が分かるようで背けられているような、誰でも本気になればできることという生きる上での本質的な部分をついてくれる。だから納得度が違うしその本気度は原監督が一番高いのも尊敬できる。青山学院大学の陸上競技部監督 としてテレビなどの発言も聞いてきたが、まず驚いたのは選手のスカウト面だ。高校時代のタイムが速い人を獲得しているわけではない。コミュニケーション力があって、自分の言葉で会話できる青山学院らしい選手を獲得するのである。テレビをみていてよく分かるのは選手と監督が家族のように接しているところだが監督自身はそこまで練習から口を出していない。選手ひとりひとりにキーとなる言葉を関係性の中からたまに発信するだけで選手ががんばれる組織としての関係性が築かれている。キャプテンの条件があるのは男気があるかどうかだと言う。そのひとのためにがんばりたいと思える男気、山の神野大地もスカウティング面談のとき目を見て自分の言葉で意思を語り、その時の目がすさまじくキラキ ラしていたという。これが青山学院らしいカラーだと。その選手たちが原監督の営業マン時代に築かれた長期と短期の目標設定を自分で設定してそれに監督がコメントするだけで練習していく。自分で考え主体的に4年間過ごすわけである。断片的にしか書けなかったが強いわけだと思った。そのうえで監督は一緒に駅伝今年も出ようなどと的確に情熱を語り続ける。この一番のリーダーの本気と覚悟がこの本にはすさまじく書かれているしそれが選手にも伝わっているから選手も心動かされる。とにかくおもしろい人物である。リーダー経験のある人にはぜひ読んでもらいたい一冊である。

S_6481236503740『勝ち続ける理由』青山学院大学陸上競技部の原監督の著書第2弾である。第1弾よりも熱意をもって人と交流していくこと、結果を出す組織や個人とは何かについて詳しく深く書かれており、また東京オリンピックに向けてリオオリンピックの惨敗からどのように進めていけばよいかの提言が集まったやはりリーダーをやる人にはうってつけの本である。合宿などにおいてあまりにも辛いとき選手が休もうとすることには見て見ぬふりをするグレーゾーンが存在することなど、枝葉末節と思えることには口を出さない。陸上があっての社会ではなく、社会の中に陸上があるわけなので、時代の流れに沿ってルールは変えていくべきである故にSNSなどは陸上界の発展のためにも使いまくってよいこと。個々が自分で考え主体的に行動するこ とが青学カラーであり、心技体が一致しないときは休ませ、時が来たら自分で練習し始めるのだからそこで余計なお節介はしないこと。最低限のタイミングではじめて一言選手にあった言葉をかけてあげるべきなど、天狗になるとき、緊張してしまう選手のとき、ムラがあるとき、和を乱す選手がいるとき、辞めようとする選手がいるときなどなど、あらゆる組織でありうるパターンについても語っており、自分を見つめなおせるし大変参考になる。最後に陸上界についてコメントしているとき箱根駅伝の全国化とそれに伴って地方出身の選手は就職を東京でするのでなく地元に帰ってするべきであると述べ、そうして地方の陸上界発展とふるさと創生事業の活性化につなげてほしいと書いてあり、社会保障における 地域完結型医療のライフスタイルと似たようなことも書かれており、通じるものを感じた。現在青山学院大学の陸上競技部はこの本で言うところのステージ4にきており、成熟期である。これからステージ5という未知の領域に進んでいく原監督に興味が尽きない。ぜひこちらも合わせて読んでみてほしい一冊である。


8月 2nd, 2017未分類sozokobo 0 Comments

お疲れ様です!器材補の厚味山斗です!3ヶ月ぶり2回目のブログを書かせてもらうことになりましたー。

さてさて何を書こうかなと毎度悩んでるんですが、まあ最近あったことでもつらつらと書いてこうと思います。

最近はもっぱらテストでしたねー。辛かったです。本当に難しいので。指定校で入ってきて学力の差もひしひしと感じつつ、過去問集めと演習解説を同じ学科の友達を頼りに頑張ったって感じですね。無事じゃないけどテストも終わらせることができ、8/1から夏休みを迎えました!!こんなにうれしいことないです。自分の部屋で改めてガッツポーズしました。しばらくはペンを握らないと決意しましたね。夏休み、特に創像以外の予定は入ってないんですが、今年は長めに帰省しようかなと考えてます。家で漫画読みまくろうと。まあそれでも夏休み暇だと思うので、是非是非なにかお誘いを受けたいです。よろしくお願いします。

あと最近の近況といえば、同期と仲良くさせてもらってることですかねー。夏休みになったその日に同期会を開催して、ガンガンに食事しました!去年も同じくらいの時期に同期会やったんですけど、今年はちょい人数少なめでしたねー。またやりたいですね、もっと大人数で。楽しみです。他にも、先日現2年代の新人公演の役どころで近かった、沖田さんとつぐみさんで「おきつぐ会」をやらせていただきました!こちらも楽しかったですねー。去年の新人公演を思い出すような感じでした、いい意味で。おもろかったです。としか言えないですね。ただほんとにおもろかったです!またやりたいなー。まあこんな感じで同期とは仲良くさせてもらってます!これからもよろしくお願いします。

さてこれくらい書けば十分な気がします。長々と申し訳ありません。暇なときにクーラーの効いたとこでゴロゴロしながら読んでもらえたら幸いです。はい、そんな感じの器材補でしたー。


1 / 1712345678...最後 »

最近のつぶやき

sozo_kobo創像工房 in front of.
@sozo_kobo:
【情報解禁!!】 東京学生演劇祭vol.3 出展作品 『HYPER MAN』 脚本・演出 本多啓夢 9/1(金)~4(月) @王子小劇場 <出演> 赤間洸介 大石健太郎 岡見百桃 片平未菜 中山一聖 福田晋 他
2 months ago from Twitter for iPhone
sozo_kobo創像工房 in front of.
@sozo_kobo:
RT @TST_fes: 各団体の出演ブロックが決定しました❗️ 〈Aブロック〉 ・喜劇のヒロイン ・劇団リトルスクエア ・しあわせ学級崩壊 〈Bブロック〉 ・フライハイトプロジェクト ・ハラカラ ・かまどキッチン 〈Cブロック〉 ・天ノ川最前線 ・創像工房 in front…
2 months ago from Twitter for iPhone
sozo_kobo創像工房 in front of.
@sozo_kobo:
今後の彼らの活躍にもご期待ください。 企画責任瀧本宰都 https://t.co/JLJNVb4aCC
2 months ago from Twitter for iPhone
sozo_kobo創像工房 in front of.
@sozo_kobo:
新人公演2017「七芒星」にご来場いただき誠にありがとうございました。無事終演となりました。 この公演のために、慶應に入学したばかりの新人は、二ヶ月間フルでがむしゃらに頑張り続けました。彼らの真っ直ぐな演技が少しでもお客様の心に届いていれば幸いです。
2 months ago from Twitter for iPhone