創像Blog
8月 16th, 2013未分類sozokobo 0 Comments

こんにちわ、箕輪です。

創像工房のワークショップ公演「熱海殺人事件モンテカルロイリュージョン」を観劇しました。

ワークショップ公演は、「夏WS」とは異なり、劇ステさん及び関わりの深い人々だけを呼んで見せる公演です。

 

今回は、ミスター創像工房、こと、4年代のキヅキハジメさんが企画責任となって、ワークショップ公演を開催しました。

 

写真 2 (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

写真:キヅキハジメさん

作品は「熱海殺人事件 モンテカルロイリュージョン」。つかこうへいの作品です。

つかこうへいは、慶應の文学部ということで、個人的には直の先輩に当たります。(どうでもいい笑) 彼が学生演劇を盛り上げ、そこから羽ばたいていったのは、日本中で学生運動が活発であった時代だという認識です。

今回は主に素舞台、照明と音響効果を大幅に使いつつも、実質役者力を試した公演だっったようです。

役者は、1チーム4人編成のダブルキャストで、

田中穂先飯塚政博笹木晧太小口武蔵小川千尋松井えこ(慶應義塾大学演劇研究会)、キヅキハジメ木村涼、、、

と、近年の慶應演劇界を代表し牽引するそうそうたるメンバーです。皆上手い。

 

僕は飯塚チームを拝見しました。個人的な感想としては、滑舌が非常に大事だなと思いました。

今回の役者メンバーは皆滑舌はかなり良い人たちばかりですが、それでも物語が伝わりづらい部分があったのは、それだけ基礎で求められる部分の難易度が高かったのかなとも思います。

しかし、照明や、舞台上の役者の登場のさせ方、など演出面は凝っていて、それでいてオシャレでした。

あとマイクパフォーマンス好きですね。創像でもどんどん増えていけばいいと思います。

 

創像工房員でも、いろんな感想を聞きますが、それだけ上演した側も、観劇した側も、収穫があった公演だったのではないでしょうか。これからの本企画に、その経験値が活かされることを期待してます。

なんだこの上から目線、ごめんなさい。僕ももっと精進します。

ってかワークショップ公演がもっと増えていけばいいと思う!!

 

箕輪

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.

最近のつぶやき

sozo_kobo創像工房 in front of.
@sozo_kobo:
【情報解禁!!】 東京学生演劇祭vol.3 出展作品 『HYPER MAN』 脚本・演出 本多啓夢 9/1(金)~4(月) @王子小劇場 <出演> 赤間洸介 大石健太郎 岡見百桃 片平未菜 中山一聖 福田晋 他
2 months ago from Twitter for iPhone
sozo_kobo創像工房 in front of.
@sozo_kobo:
RT @TST_fes: 各団体の出演ブロックが決定しました❗️ 〈Aブロック〉 ・喜劇のヒロイン ・劇団リトルスクエア ・しあわせ学級崩壊 〈Bブロック〉 ・フライハイトプロジェクト ・ハラカラ ・かまどキッチン 〈Cブロック〉 ・天ノ川最前線 ・創像工房 in front…
2 months ago from Twitter for iPhone
sozo_kobo創像工房 in front of.
@sozo_kobo:
今後の彼らの活躍にもご期待ください。 企画責任瀧本宰都 https://t.co/JLJNVb4aCC
2 months ago from Twitter for iPhone
sozo_kobo創像工房 in front of.
@sozo_kobo:
新人公演2017「七芒星」にご来場いただき誠にありがとうございました。無事終演となりました。 この公演のために、慶應に入学したばかりの新人は、二ヶ月間フルでがむしゃらに頑張り続けました。彼らの真っ直ぐな演技が少しでもお客様の心に届いていれば幸いです。
2 months ago from Twitter for iPhone