創像BLOG

創像工房 in front of.の幹事会メンバーによるブログです。随時更新中!
本企画のほか「ライトな企画」や飲み会などのイベントなど、工房員の素顔を紹介します。


5月 18th, 2013未分類kanjikai 0 Comments

こんばんわ。箕輪です。

この前2年代の熊倉飛鳥君がこのブログの更新をしてくれていて、おもしろかったですね。ちなみに、彼は器財幹事補佐!その名のごとく、器財幹事の補佐をしております。

それはさておき、今日は工房員インタビューシリーズ、第2弾!

今回も2年代の子にインタビューしちゃいました。この人!!

写真

 

彼の名前は大内康平 。ニックネームは「うっちー・内田・内山・内村・大河内・内山田」など様々で、創像工房を代表する「遊びのプロ」であり、2浪経験者でもあります。(笑)

遊びといっても多様で、ハイパーヨーヨーから始まり、テレビゲームの腕はもちろんのこと、花火などのレクリエーションに関しても、その知識はプロレベルです。

(僕は以前、彼の自作ロケット花火を見せられました。怖かったです。)

創像では、役者・照明・舞台美術などを担当しているようです。僕も、以前共演しましたが、持ち前の部分(天才)で勝負するタイプです。客を引きつけるのが上手い!!(羨ましい!笑)

 

さて、インタビューに参りましょう。

箕輪「うっちーはどうして創像工房に入ったの?」

大内「いろんなことしてそうだから。演劇以外にも、映画・コント、いろんなことやってて、バラエティー豊かだから、ポーーーンって入りました!」

箕輪「2浪時代はどうやって過ごしていたの?」

大内「ひたすら、海外ドラマを、観ていましたね。『LOST』を1周、『24』も1周……。暇な時は、高校時代からの浪人友達や現役大学生の友達も混ぜて、多摩川で野球してました。」

箕輪「まじか、勉強しろよ!(笑) じゃあ、うっちーにとって“浪人”とは?」

大内「高校時代に部活とかで忙しくてできなかった、趣味の時間を取り戻す時間ですかね。」

箕輪「青春じゃん(笑)」

大内「そうです、そうです(笑) 大学に入るに当たって色々なものに触れておく時間、ね」

箕輪「あ、これから創像でやっていきたいことってある??」

大内「難しいなぁ…。とりあえず、演劇以外、映画とかのちょこっとした企画が増えて、それらに参加できたらいいなあと思います。」

箕輪「ほうほう!それはいいことやね。じゃあ、最後に座右の銘を、どうぞ!(無茶ぶり)」

大内「“よく遊び、、、”うーーん……(悩んだすえ)、“よく遊び、よく遊び”って感じですかね!」

箕輪「なんじゃそりゃ(笑)」

ご協力ありがとうございました!

個人的には、うっちーは面白い人間なので、その面白さがもっと多くの人に伝わっていけば良いなあと思っております。2年代は天才肌が多いのでね。羨ましい(笑)

 

それでは、今日はこの辺で!

箕輪

 

 

 

 

 

 


5月 14th, 2013未分類kanjikai 0 Comments

こんにちは、箕輪です。

今回は趣向を変えて、個人的にプレイベートや休日にお世話になっている(嘘だけど)後輩に軽いインタビューをしてみました。

 

写真 (1)

彼の名前は岩崎裕介。創像工房 in front of.現2年代を代表する脚本家・演出家・役者である。

 

その奇抜なファッションは、サークルのみならず、慶応義塾大学という大きな枠にもおさまりきらない特殊さに溢れている。

2012三田祭公演『傀儡』、2013オリエン公演『恐縮』、2回の脚本・演出を経て、岩崎裕介が次に目指す芝居について、今回は聞いてみました。

岩崎「一人のウーパールーパーのことが好きな男性が、最高のウーパールーパーを探すお話ですね。一見普通の男が、様々な敵を倒す。」

箕輪「概念的にはどのような作品を?」

岩崎「ナンセンスコメディですね」

箕輪「岩崎にとってのナンセンスコメディとは?」

岩崎「き●たまです」

箕輪「?」

はい、先輩をなめていますね。そう、岩崎裕介は2年代でありながら、僕たち3年代や、はたまた4年代、OBに至るまで様々な先輩を馬鹿にしているようです。

これが、岩崎の“ナンセンスコメディ”の原点なのだと思います。

そんな岩崎裕介が音響サブとして活躍している『新人公演2013』は6月25日〜30日まで!!

随時情報更新中!!

 

箕輪

 

 


5月 14th, 2013未分類kanjikai 0 Comments

なぜか中途半端な時期、時間にブログを書かせていただいております。

しかも初登場、創像2年の熊倉飛鳥です。

なぜ書こうと思ったかというと、となりで松井君が新人公演のブログを書き始めたからです。

新人公演は役者を中心に毎年ブログを書いております。去年僕も書きました、懐かしいですねー

今年のブログURLはコチラ→http://sozoshinjin2013.blog.fc2.com/

松井君は去年に引き続き新人公演に出演します。上級生キャストってやつですね。

新人公演は1年生が基本的に役者ですが、3人ほど上級生(基本的には2年生)の役者を毎年混ぜ込んでいます。1年生のお手本です。責任重大!

今年は松井悠、赤羽礼奈、中村智英の3名が出演予定です。頑張れ!個人的には全員去年の2プロというところが嬉しいです。僕も2プロでした。

そんな松井くんと僕は、いつも通りたまりで暇を持て余しています。

暇だから僕もブログを更新しています。

最近松井君は稽古以外に生きがいを見いだせてないように思えます。不安です。

僕もやることやらないと。

ご覧いただきありがとうございました。創像工房はこれからも前進していきますよー!

 


5月 5th, 2013未分類kanjikai 0 Comments

お久しぶりです。箕輪です。5月になりました。早速ゴールデンウィークですね。

新歓を終えた創像工房では、新人公演が本格的に始動しました。

今回、僕は演出助手として、企画責任・演出の藤本岳宏率いる稽古場で、偉そうな態度をとっています。僕の話は置いておいて、今日はこの新人公演について書こうかなと思います。

 

毎年、新歓期を終えた創像工房では、新入生のために新人公演が用意されています。

僕ら現3年代の新人公演は『ダブリンの鐘撞きカビ人間(作・後藤ひろひと)』を上演しました。

当時僕は、新人公演はあって当たり前のものだと思っていたのですが、ところがどっこい、そうは問屋がおろさねえ。実は新人公演は創像工房の恒例行事ではないんです!(驚愕!)

 

なぜか?

創像工房は他の劇団のような本公演を持たず、企画公演制で成り立っているため、この新人公演も例外なく「誰かが企画責任として企画を提出する」ことによって始まる公演なんです。

逆に言えば、誰も新人公演をやろうと思わなければ、その年の新人公演はありませんし、学生劇団としては異例の12月とかに新人公演をうつこともできるわけですね。(規則の上では笑)

 

しかし、そこは魅力に溢れた新人公演。「新人公演の企画責任をやりたい!」という工房員は毎年いるもので、毎年企画が提出されているわけなんだそうです。慣習めいた側面もありますが(笑)

 

そして、慣習めいていると言えば、創像工房の新人公演は例年きまって既成脚本が採用されます。

まあ理由は色々推測されますがさておき、比較して他劇団の例を紹介しますと、早稲田大学演劇倶楽部(通称エンクラ)さんでは、新人訓練が9月頃まであり、3年生の指導のもと新入生が脚本からスタッフワークまで作り上げていくそうです。

また、てあとろ50′さんでは、3年生の演出のもと新人が稽古をして、その演出家が脚本を手がけているようです。ちなみに、エンクラさんは「新人公演」、てあとろさんは「新人試演会」と呼んでいます。

 

今日は創像のちょっとした裏話と、マニアックな話を紹介しました。いかがだったでしょうか?

『新人公演2013』は慶応義塾大学日吉キャンパスアトリエ合Cにて、2013年6月25日〜30日まで!!

これからますます盛り上がっていく企画公演なので、是非お越し下さい!!

 

箕輪

 

 

 


4月 22nd, 2013未分類kanjikai 0 Comments

こんばんわ、箕輪です。

創像工房は無事オリエンテーションの全日程を終了しました。主に2年生を中心に執行してきましたオリエンですが、今年度は盛況で90人ちかくの新入生を迎えることとなりました!ありがとうございます。劇団の規模って様々かと思いますが、90人っていったら学生劇団を3つや4つ立てられるくらいではないでしょうか?

さてさて先日20日にはオリエン最後のイベントが開催されました。その名も「新歓イベント」!!そのまんまですね。等々力にある「世田谷青年の家」さんにお邪魔して、様々なレクリエーションをしました。

まず、自己紹介。知らない新入生もいてワクワクしました!レクリエーションの目標は午後に行われるカレー作りの食材の獲得競争でした!

うまい棒早食い対決」、「叩いてかぶってジャンケンポン!」、「腕相撲対決」、「しっぽ鬼」、「クイズ大会」。僕の入ったチームは、最初にうまい棒を大量に獲得するも、その後クイズ大会まで食材を獲得出来ず、クイズ大会でも、ヨーグルト、アボカド、ビーフカレーの素(?)、ビスケット、ばかうけなど、カレーと関係ない材料なかり手に入れてしまいましたね。(あ、なんとか上級生チームの食材を分け与えてもらったりと、カレーの準備は整えました。)

皆が一般的なカレーを作っていくなか、僕たちはヨーグルトやビーフカレーの素(?)などを使いながら、本場っぽいカレーを作りました。それにアボカドやチーズを添えて、

写真

 

アボカド・チーズ・ヨーグルト・チキンカレーの完成です!お味の方は、酸味とコクのマッチングが独特でおいしかったです。ね(笑)

新入生も新入生同士で仲良く話したり、新歓イベントを楽しんでくれたみたいで、良かったですね。来てくださった新入生ありがとう!2年生の担当の子達お疲れさま!

そしてその晩は我らが3年代の同期飲みが開催されました。神野くんの声かけのもと、約5ヶ月ぶりの開催!今回は女性陣の集まりもよく、日吉のGB`s CAFEに30人くらい来てたかな。大いに盛り上がりました!!

写真 (1) 写真 (2)

創像工房では、公式ではありませえんが、不定期の同期飲みの開催が各代で恒例になっております。プライベートな付き合いも楽しいサークルですので、新入生諸君、これからのSOZOライフ楽しみにしててくれ!!

 

それでは!

箕輪


最近のつぶやき

sozo_kobo創像工房 in front of.
@sozo_kobo:
RT @sozo_30th: 【Q & A コーナー】 こちらのツイートでは、皆様から多く寄せられたご質問に回答していきます! ご質問や疑問点はお気軽にDMまでご連絡下さい? 出席連絡もまだまだ受け付けております!! #創像工房30周年記念 #OB総会
5 months ago from Twitter for Android
sozo_kobo創像工房 in front of.
@sozo_kobo:
?創像美女図鑑? 創像工房のライトな企画、【美女図鑑】が公開されました✨ 工房員たちの新たな一面を是非お楽しみ下さい! 作成は4年代ののどかさんです!! https://t.co/GZS4wxxfHu https://t.co/3gEzb0STSc
5 months ago from Twitter for Android
sozo_kobo創像工房 in front of.
@sozo_kobo:
RT @sozo_30th: 設立者の方から応援のメッセージが届きました? 「創像工房初代のうちの一人、森本明児です。 今年30周年を迎えるにあたり、当日、できるだけ多くの皆さまとともに30周年を祝い、現役の活動を応援することができたらと思います。 お会いできますことを楽しみ…
5 months ago from Twitter for Android
sozo_kobo創像工房 in front of.
@sozo_kobo:
RT @sozo_30th: OB総会のチラシが完成しました? こちらはなんと今年の1年代が作成してくれました!! ぜひ皆様お誘い合わせの上、お越し下さい✨ ご質問等ございましたらお気軽にDMへご連絡下さい? https://t.co/FC74gS0ywT
5 months ago from Twitter for Android