創像BLOG

創像工房 in front of.の幹事会メンバーによるブログです。随時更新中!
本企画のほか「ライトな企画」や飲み会などのイベントなど、工房員の素顔を紹介します。


3月 13th, 2017未分類sozokobo 0 Comments

こんにちは。お初にお目にかかります、1月から2017年度日吉代表を務めさせて頂いております経済学部1年の近藤滉介です。
日吉代表としては主に公演関連の各種申請や施設予約を行なっております。肩書きの立派さに負けないよう漏れなくミスなく元気よく職務を全うしたいです。

世間は3月も中旬、いよいよこの慶應義塾大学も新しい世代を迎え入れようとしています。そこで今回は新入生向けにとある言葉を送りたいと思います。
代表作「讃岐ヶ原」で有名な私が最も尊敬する日本の小説作家・中原庸一郎氏がとある文芸雑誌の取材に応じた際に残した言葉なのですが、実に単純でありながら何か気づかされるものがあるので、これから何かを始めようとしている新入生の皆様には覚えておいて頂きたいです。

” どうせ死ぬまでしか生きさせてもらえないんですから、死ぬ以外のことは一通り試してみましょうよ。” (中原)

大学にいる間は色んな方面に色んな道が用意されています。私達のように演劇や舞台製作に打ち込む道もあれば、資格の取得を目指して毎日スクールに通う道もあります。人によって興味関心のある道はそれぞれかと思いますが、初めから行く道を決めつけてしまうのは実に惜しい事です。難しいことは考えずに、ちょっとした思いつきやなんとなくで行動を起こしてみても良いのでは無いでしょうか。何をやったってそれなりに得るものがあるよう環境が整えられているのが大学だと思いますので。

ちなみに僕の性格をよく知っている人や極度な文学通の方なら薄々気付いているとは思いますが、こんな作家も作品も言葉も実在しません。今ひとつ巧い言葉が思い浮かばなくて自らの発想力不足を虚しく思っています。全国の中原庸一郎さん、ご迷惑おかけ致しました。

何はともあれ、健やかサークル創像工房 in front of. は新入生の皆様のご入学を心よりお待ちしております。「演劇なんて知らないよ」「新しいことを始めるつもりはない」なんて言わずに是非一度遊びに来て下さい。ふらふらっと。このブログを読んで下さった皆様とお会い出来ることを楽しみに、今日も各種申請をこなしていきたいと思います。


2月 18th, 2017未分類sozokobo 0 Comments

こんにちは!1月から財務幹事になりました、商学部2年の水野里砂です。お金を管理する人ってまめで丁寧な人が向いていると思うのですが、ガッツリ真逆です。お財布と通帳だけは無くさないようにします。なくしたらごめんなさい。臓器を売って実家に帰ります。とにかく財務としての目標は、一年を通して自分の仕事を確実にこなすことですね。あとは、自分の生活を見直します。一人暮らしなので食事とか運動とかね。あ、これは個人的な目標です、はい。

ということで
私はただいまオーストラリアにいます!!!いえい!!!慶應大学さんがやってる短期留学プログラムの1つで、ブリスベンという都市でホームステイをしながら大学に通っております。
みなさんが企画でとても忙しくしている中、私は真夏の太陽を浴びながら海辺でチャプチャプしたり、バーベキューしたり、観光したりしてます、So Sorry。言っちゃうとめっちゃ楽しいです。帰りたくなさあります。こっちの人はとてもポジティブで健康志向で温かくて、ジャパニーズはとにかくそーりーそーりーせんきゅーべりーまっち!って感じでひたすらに礼を述べて生き延びてます。ホストマザーも海よりも深く山よりも大きい愛情の持ち主でありまして、南半球にもMindがSo BeautifulなママができてSo Happyです。文面からわかると思いますが、英語はそんなにできません。

S_5660711140608

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、というわけで帰ってきたらまた私も幹事会や企画にバリバリ参加して少しでも貢献できたらいいです!3月にはオリエンの準備本格的に始まって、4月にはついに新入生も入ってくるので、すてきな三女になれるようにがんばります〜
そちらはまだまだ寒いようですが、オーストラリアの暖かさを見て少しでも寒さが和らげばよいなと思います。それではまた〜よい春休みを〜

 


2月 6th, 2017未分類sozokobo 0 Comments

2017年度創像工房の代表を務めることとなりました、商学部2年の大石健太郎です。
今年度も創像工房をよろしくお願いいたします。

さて、こういうブログって書くひとのセンスが問われてる気がします。どうしましょうか、ハイセンスなブログはぼくが集めた他の幹事会のメンバーに頼りましょうか。特に器材の二人がハイセンスです。

ぼくは民主主義について少し話そうと思います。
幹事会では会議をすることが多いのですが、そこで考えがまとまらなく時間がかかることが多いです。一見これって決まらない政治かもしれません。小泉政権などのときもよくゆわれていました。ただこれって民主政治だなと。少数派の意見を聞いて、それを無視せず話し合いをするという。しかしいまの安倍政権はどうでしょうか。野党がだめすぎるというのももっともです。ただ、決める政治かもしれませんが、安倍さんは少数派の意見を聞いてなさすぎるような気がします。これでは民主主義ではないかなと。話し合いを放棄しているときがあるのではないのかなと。一昔前の決められない政治がもしかしたら民主主義としては良いのかもしれません。

ということを新体制から一ヶ月が経ちましたが考えました。慶應法学部の小論文に受験生活かしてほしいですー!!笑

ただ、もうちょいリーダーシップもって決めるとこは決めていこうと思っている2月であります。どうかよろしくお願いします!


12月 15th, 2016未分類sozokobo 0 Comments

初めまして副代表です。
ここにきて初めてのブログです。感慨深いですね。
今年、というかここ3ヵ月振り返ると体調崩すことが多かったっすね。
9月には生まれて初めての痔になり、11月には感染性胃腸炎にかかり、12月には突然の高熱…踏んだり蹴ったりでなにもいいことなくて気分も落ち込んでます。二十歳を超えるとこんなにも体調を崩しやすくなるのでしょうか、ほんと人間の身体って奇奇怪怪。

先日後輩が主催した三田祭公演を観に行きました。このサークルは少し特殊で三田祭ではサークル全体でなく一年生だけで公演作りを行います。
観た感想としては「フレッシュ」、この一言に尽きますね。公演が二つあったんですがどちらも個性が見える作品だったと思います。開場も満員で、より多くの人に創像工房を知ってもらえたと思います。でかした1年生!最高だよ。三田祭を通して成長した一年生がこれからどのように活躍していくのか、期待してます。

今年も残りわずか皆さん、僕のように体調を崩さないように元気な状態で新年迎えましょう!
それでは。


12月 6th, 2016未分類sozokobo 0 Comments

 

まず女子工房員にこの人の印象を聞いてみました。

 

見た目も中身もイケメンでかっこいい 4 Y.H.

 

彫りの深さから完全に留学生だと思ってました。まさかの福井県出身のイケメン代表です! 2 F.K.

 

先輩からも後輩からも認められる、最強のイケメン代表とは…?

 

 

 

 

 

 

s_5284673280275

 

 

今回の美男は経済学部3年の浅井啓介です!

 

 

―選ばれた感想は?

嬉しいです。このコーナーが新しいアナウンサーの登竜門になることを願ってます。

s_5284673120959

―六本木にはよく来ますか?

ほとんど来ないです。六本木ってザ・都会ってイメージなので今日もすごいソワソワしてます。

 

―あなたのチャームポイントは?

まばたきの仕方がソフトバンク松田に時々似てるのが推しです。人の仕草を真似してたら癖になるってことが多いです。答えになってないですね。

 

―人生のモテ期はいつですか? 

幼稚園の年少年中年長で使い切りました。儚いです。

s_5284709431717

 

―恋には積極的?消極的?

積極的な方だと思います。テレビ出てる人に恋をしてツラくなることが一年に一回ほどあります。

 

―好きな女性のタイプは?

無防備な表情をする人っていうんですかね、表情豊かな人が好みです。特に笑顔100パーセントな感じの表情をする人は魅力的だと感じます。

 

―芸能人でいうと?

松岡茉優です。アクエリアスのCMのやつが特にヤバイっす。

s_5284673218304―好きな女性のしぐさは?

1人で喋って勝手に1人合点するのが好きですね。若さ×おばちゃん的な感じが最強な気がしてます。

 

―あなたが美男だと思う工房員は?

及部君。顔だけでなく雰囲気までもイケメンなのは男から見てもカッコ良いと思います。

 

―創像では普段何をしていますか?

稽古場の空気が好きなのもあり、役者や脚本演出で稽古場にいることが多いです。

 

―これからの創像での活動予定は? 

映画にチャレンジしてます。

そして直近だと12月に役者として「あたらしい朝は、」に出ます!来てください!!

 

 

 

———————————————————————————————————————————

 

 

浅井啓介s_5284673097975

1994年8月1日生まれ。福井県出身。2014年、創像工房 in front of.に入会し、新人公演「髑髏城の七人」では2プロ無界屋蘭兵衛役を好演。その後の夏WS公演では脚本・演出に選出され以後、主に脚本家、役者として活動している。主な脚本演出作品は、2015年10月公演「少年オイル」、2016年オリエン公演「しんにゅうせい」など。主な出演歴は2015年12月公演「Happy! ~本当に落ちたカミナリは見たことない~」、2016年3月公演「HIYOURA-ヒヨウラ-」など。12月には「あたらしい朝は、」での役者を控え、また来年2月の「Film Festival 2017」では初めて監督を務める映画作品も公開される。

 

 

 

編集 武井寛樹

カメラ 小沼喜紀

 

 

 


最近のつぶやき

sozo_kobo創像工房 in front of.
@sozo_kobo:
ブログ更新しました? ブログリレー、今回は劇協のさときよです! 趣味について熱く語ってくれてますよ? https://t.co/d1MLhJ6JVV
7 days ago from Twitter for Android
sozo_kobo創像工房 in front of.
@sozo_kobo:
ブログ更新しました? 各幹事が順番にブログを書いていきます! 今回はひよだいのあべちゃんです✨ 皆さんも大学生活で考えざるを得ないものなのではないでしょうか…! https://t.co/iWLWtoro7P
1 month ago from Twitter for Android
sozo_kobo創像工房 in front of.
@sozo_kobo:
平成が終わるまで残り30分ですね? 平成の過去公演をぜひこの機会に振り返って頂けると嬉しいです。 平成最後のデミー賞もぜひぜひチェックしてみて下さいね☑️ 新しい元号【令和】でも創像工房in front of.をよろしくお願い… https://t.co/46fkGC7wGH
2 months ago from Twitter for Android
sozo_kobo創像工房 in front of.
@sozo_kobo:
RT @sozo_orien2019: 【過去公演紹介⑤ 2018年12月公演『無銘の二人』】 日輪の貴族が治める島国、旭國。 この国で月の使徒を名乗る組織が反乱を開始した。 その渦中、民の命を守るため奔走する少女がいた。 命狙われ、危機一髪の彼女の前に現れたのは、一人の男。…
2 months ago from Twitter for Android